ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体もサプリメントなどに配合される美容成分としては有名です。
ビタミンC誘導体は、ニキビケアなんかにもおすすめの成分であって、ビタミンCとどのような違いを持っているでしょうか。

ビタミンCはそのままだと肌に吸収されにくいという性質を持っていて、これを改良したのがビタミンC誘導体になっています。
つまりより肌に吸収されやすい特徴を持っていて、まさに誘導体という名前どおりの活躍をしてくれる成分です。

ビタミンCが肌に吸収されないのには理由があって、それが安定性に欠けるからで、さらに酸化しやすいという特徴もあります。
そして、ビタミンC誘導体は角質層への浸透能力を持っていて、肌に吸収された後にビタミンCに変化するという成分なのです。

こちらの成分で上手く肌に浸透させることができれば、メラニン色素の生成を防ぐことができたり、色素沈着を防ぐことができますので、美肌を目指している人にとっては関係性の深い成分となるわけです。

さらに、ニキビに良いとされる理由には、抗炎症作用があることが考えられていて、合わせて皮脂分泌抑制作用もありますので、これによって過剰な皮脂の分泌をカットすることができれば、ニキビのケアにも役立つのではないでしょうか。

このようにビタミンC誘導体も美容成分としてしっかりと把握しておきたい成分になりますので、特にニキビにお悩みの方々はビタミンC誘導体の入った化粧品などを利用してみてはいかがでしょう。